現在の住まいの悪いところを改善できるリノベーション!?リノベーションの良さや魅力を紹介します!

このサイトでは現在の住まいの悪いところを改善できるリノベーションの、良さや魅力についてご紹介しています。住まいをより快適にしたいと考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
多数の良い点があり、自由に間取りや内装を変更することが可能です。
リフォームよりも大がかりな変更をしたい場合に向いています。大変なイメージがありますが、実績が豊富な会社に依頼すると快適な住まいに造りかえることが出来るのが魅力です。

現在の住まいの悪いところを改善できるリノベーション!?リノベーションの良さや魅力を紹介します!

現在の住まいに気になる点があり、改善させたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのようなときに問題解決の手段となる可能性があるのが、リノベーションです。
古い建物も、リノベーションすることによって新しく生まれ変わらせることができます。
その良さや魅力には、住む人の生活様式に合わせて自由にできるということが挙げられます。
古くなったものを新しくする以上のことができ、機能性を高めたり間取りを変えたりすることも可能です。
和風の住宅を北欧風やアメリカ風などにしたりすることも、リノベーションならできます。住宅を新築するよりも、費用を抑えて自分の好みに合うような住宅を手に入れることが出来るのも良いところです。

リノベーションは大変なイメージはあるがどうか

リノベーションを行う場合には、大変なイメージがあるかもしれません。
もともとの建物から随分と風変わりしてしまう可能性もあり、それが大変そうだイメージにつながっているのかもしれません。
では実際にリノベーションをする場合ほんとに大変なのかと言えばどうでしょうか。
これに関しては、一概に難しいとは言えない部分もあります。
何故かと言えば、シンプルなものを作ればそこまで手間もかからずお金もあまりかからないからです。
シンプルなものだと、以前よりも価値が高まらないような感じに思えてしまうかもしれません。
確かに、シンプルなものに関しては、お金がかかっていないあるいは見た目があまり変わっていないので価値はそれほど変わらないのではないかと考えてしまうかもしれません。
しかし実際には、シンプルなものでもうまくポイントさえ押さえていれば魅力的な物件と考えられ自分でお金をかけたに違いないと感じられることもあります。
逆にたくさんの素材を使い派手にしたとしても、それだけでは人々に受け入れられない可能性も出てくるわけです。
最終的には、何が良いかはデザイナーに相談してみるのが良いです。
自分が信頼できるデザイナーと思われる人に積極的に相談してみる必要があります。

事故を防ぐためにリノベーションでバリアフリー化を目指す

足腰が不自由な人でも暮らしやすい住宅にするために、自宅のリノベーションを始めたい時に最適なのがバリアフリー化の工事です。
玄関のポーチなどの段差を解消するだけでも車イスを使って移動しやすくなり、小さな段差が原因で転倒事故が起こるのも防げます。
完全に段差を取り除くのが難しい場合はスロープを設置して、移動の負担を減らすといった対処も可能です。
車イスに乗ったまま部屋を行き来しやすいように、ドアを引き戸にする工事がセットで行われることもあります。
足腰が弱ると段差がない廊下でもバランスを崩す場合もあるので、バリアフリー化のリノベーションで凹凸を無くして手すりを壁に取り付けることも珍しくありません。
足元が暗くなる夜間の玄関で事故が起こらないように、足元照明もセットで行っておきたい施工の一部です。
浴室も床の凹凸を無くしておきたい場所の一つで、足が濡れた状態で段差を乗り越えようとすると足を滑らせて事故が起きてしまいます。

リノベーションに必要な費用の相場について

新築よりも安く、また建売よりも自由度が大きい住まい造りができるということで注目されているのがリノベーションです。
リフォームに比べると手を加える部分が大きく、機能性だけでなくデザイン性も大胆に変えることができるのが特徴です。
しかし、色々と手を加えるということは費用も心配です。
リノベーションの費用は、工事の内容によって大きく変わりますが、相場は1㎡あたり10~15万円前後となっています。
500㎡の住まいであれば、500~750万円くらいが目安となります。
家が小さいほうが単価が高くなる傾向がありますが、これは家のサイズに関わらず水回りに相当のお金が必要となるからです。
予算に合わせて調整は可能ですが、予算ありきで始めると満足の行くものにはなかなかなりません。
リノベーションの優先順位は、まずどのような家を作りたいかで話を進めていきます。
その上でもし予算オーバーであれば、優先順位の低いものを削って行くことで調整していくと良いでしょう。

中古住宅のリノベーションを行う際に注意すべきポイント

リノベーションは従来のリフォームに比べその自由度が非常に高いことから、様々な変化を住宅に加えることができるものと注目されています。
これまでのリフォームでは部屋の間取りを変更する事は非常に難しいものとなっていましたが、リノベーションでは大胆に間取りを変更することができると言うイメージがあり、そのために中古住宅の問題である現在の生活様式に合わないと言う欠点を改善し、住みやすい住宅とすることができることから非常に人気が高まっているのが実態です。
しかし、リノベーションでも解決できない問題があります。
これは住宅の構造上重要となる部分は取り去ることができないと言うことです。
構造上重要となる柱などを取り去ってしまうと住宅の強度が著しく低下し、これを補うために様々な構造変更を行わなければならなくなります。
そのための技術を保有している会社は比較的少ないため、会社の選び方によっては十分に効果の上がるリノベーションを行うことができない場合も少なくありません。

リノベーションの見積もりで気を付けたいポイント

リノベーションは会社で施工方法、工事の手順が異なるため、提案してくれる内容や費用が異なります。
家族で要望をきちんと整理し、1社にお願いするのではなく、いくつかの会社に見積もりを依頼して比較しましょう。
会社によっては「一式」と記載されており、内容が素人では分からない場合があります。
「一式」と記載されていたら、何が含まれているかはしっかり確認が必要です。
契約後、工事に必要な内容が含まれておらず、追加で請求される場合があるため、十分に注意してください。
大幅に値引きを交渉すると部材の質や工事内容などの品質を落される場合があります。
ご自身の要望通りの仕上がりになるか、耐久性は問題がないかなどを確認して、予算とも相談しながら慎重に検討しましょう。
リノベーションは見積もりをしてみると思っている以上に費用がかかります。
工事や材質などを一定の水準に保つことを意識しながら、後悔がないよう施工会社を選んでください。

リノベーションの会社を選ぶ時には実績の確認も大切

リノベーションの会社を選ぶ際には、施工実績を確認しておくことが大切ですが、リノベーションの会社もそれぞれで得意分野が大きく異なっています。
一戸建てのリノベーションに長けた工務店もあれば、中古リノベーションに特化している会社やデザイン性の高さが売りの建築家・設計事務所などと種類もさまざまなので、希望を明確にしておくことはもちろん、その希望と同じような工事の経験を多く積んでいるかどうかをチェックしてから選ぶことが必要になってきます。
似たようなタイプのノウハウが蓄積されている会社であれば、自分自身の希望を施工プランへと反映することに関しても柔軟に対応してもらえる可能性が高まるので、ホームページや資料などに記載されている会社概要や施工実績などを確認しながら、自分の希望を叶えてくれるかどうかをしっかり判断してから選ぶことが重要といえます。
最低でも3社以上はピックアップして、その中から金額や施工内容を吟味して決めてみるのもおすすめです。

中古物件をリノベーション工事で貸すメリットとは?

中古物件を購入して自分で住むのであっても、リノベーション工事を施して綺麗にしてから住む方が快適に住めます。
前の家主がある程度の修繕をしていれば、する必要はありませんが、自分なりに工夫を凝らすことは大切です。
リノベーション工事を施すメリットはほかにもあります。
それは、自分で住むのではなく、他人に住んでもらうことです。
つまり、賃貸住宅として貸しに出すことも出来るのです。
もちろん他人様に貸し出す場合には、適当な工事ではいけません。
リノベーションで水回り等を綺麗に工事したり、出来れば耐震補強などの工事もその際に行っておけば、安心して貸しに出すことが出来ます。
このように、中古物件であってもいろいろな方法に使用できるのです。
特に土地代のみで売りに出されている中古住宅を時々見かけます。
そのような物件は建物はあっても、全く価値のないものということですので、リノベーションしてみる価値はあるのではないでしょうか。

リノベーションで築年数はデメリットになることも

リノベーションは現在保有している物件に手を加えることで価値を高めたり、新たなコンセプトを生み出す創造的かつ有益な手法のひとつです。
多くのケースでは新築するよりも遥かに低いコストでそれらを実現できることから、不動産を有効活用する方法として検討する方も増えています。
しかし、築年数が長い場合はリノベーションを実施することが、特にコストの面においてデメリットになることもあります。
経年劣化や老朽化が進めば修繕をしなければならないのはもちろんのこと、耐震基準や省エネ基準などは近年になって法改正が施行されるたびに規準が厳しくなっています。
メンテナンスを頻繁に実施しておりその都度基準に合わせた工事を実施済みの物件なら問題ありませんが、長期にわたり放置していた築年数が長い物件の場合、各基準に合わせるには相応のコスト増も覚悟しなければなりません。
これらの事情を総合的に検討した結果、コストに見合わないとしてリノベーションを断念したケースも少なくありません。

リノベーションの工事における前後3段階の工程について

リノベーションというと解体を伴う大掛かりなイメージですが、具体的に工程について知らない人もいるのではないでしょうか。
確かにリノベーションは解体工事に始まり、配管や電気設備に手を加えたり、下地を作って仕上げる作業があります。
大きく分けると前半と後半をそれぞれ3段階に分けることが可能で、下地作りまでが前半となります。
リノベーション後半の3段階は造作や塗装、つまり内装などに関わる部分で、次いで設備の取り付けやフローリング貼りに進みます。
最後はタイル類の貼り付けや仕上げで、合計6つの段階を経て工事の完了、完成です。
最初はスケルトンでむき出しになった配管などを必要に応じて整備し直し、下地や造作で仕上げていく流れです。
リノベーションはリフォームに似ていたり共通する部分もありますが、内装や設備の全撤去、配管の大胆な移設も珍しくないです。
部分的な工事のケースだと、そこまで大げさではないかもしれませんが、1室まるまるともなれば、全工程を踏む必要のある大掛かりな工事は避けられないのではないでしょうか。

リノベーションに関する情報サイト
リノベーションマスター

このサイトでは現在の住まいの悪いところを改善できるリノベーションの、良さや魅力についてご紹介しています。住まいをより快適にしたいと考えているのなら、ぜひ参考にしてみてください。
多数の良い点があり、自由に間取りや内装を変更することが可能です。
リフォームよりも大がかりな変更をしたい場合に向いています。大変なイメージがありますが、実績が豊富な会社に依頼すると快適な住まいに造りかえることが出来るのが魅力です。

Search